• TOP
  • WORKS
  • Unfinished Games −終わりなき挑戦−|中田久美
WORKS

Unfinished Games −終わりなき挑戦−|中田久美

CLIENT
野村ホールディングス|Nomura Holdings
LAUNCH
Apr. 22. 2019
LINKS
web movie

「Unfinished Games」それは、オリンピックで金メダルを取ることに人生を捧げたひとりの女性アスリートの人生を振り返る物語。日本代表女子バレーボール監督中田久美、彼女は1980年に15歳で日本代表に選ばれてから3大会連続でオリンピックに出場し今では日本代表を率いる華々しい経歴を持つ。しかし彼女のアスリートとしての人生は苦難と挫折の連続で、オリンピックの舞台で金メダルを取るという夢は果たせていない。 そんな彼女の人生のターニングポイントとなった4つの時代の試合を選定し、その当時の試合の写真で埋め尽くされた空間を巡ることで、記憶の奥に隠された強い感情や思い出を呼び覚ます。バレーボールに人生を捧げ、終わりなき戦いと挑戦を続ける、不屈の女性アスリートが東京オリンピックにかける想いに迫る。

Our video, Unfinished Games, looks at the life of a female athlete devoted to winning an Olympic gold medal. Kumi Nakada is currently the coach of the Japan women's national volleyball team. She became a member of the 1980 Japanese Olympic team at the age of 15 and participated at the next three Olympic Games in Los Angeles, Seoul and Barcelona. While her career has been brilliant, various setbacks prevented her from fulfilling her dream of winning an Olympic gold medal. In the video, she talks about the four games that transformed her life while walking through a museum-like space displaying large images from those games that evoke memories and strong emotions. Still devoted to volleyball, this indomitable female athlete continues her quest on the road to the 2020 Tokyo Olympics.

CATEGORY

MOVIE

IMAGE

15歳の中田久美
女子バレーボール日本代表監督中田久美
コートに座り込むバレーボールの選手たち
スクリーンの前を横切る女性
会見で涙を流す中田久美