WORKS

みんなの自己ベスト|My Personal Best

CLIENT
野村ホールディングス|Nomura Holdings
LAUNCH
Jan. 23. 2018
LINKS
MOVIE

「自分を超えること」を目標に、リオオリンピックで銅メダルを獲得し2016年に引退した星奈津美選手や、記録が伸びずに挫折しそうになっている小学生、70歳を超えて今なお記録を伸ばすことに挑むシニア、障がいを抱えながらも新しい自分の可能性を広げたい人など、バックグラウンドの異なる7名がそれぞれの自己ベストを超えることに挑戦する姿に密着。 それぞれの自己ベストタイムを乗り越えるため1ヶ月間のトレーニングを実施。本番当日は、タイムの遅い順番にスタートを切り、全員が自己ベストを記録すれば同時にゴールする特別ルールを採用。1ヶ月前の自分を乗り越え、最も記録を伸ばした人が一番最初にゴールすることになる。 スポーツは勝ち負けだけではなく、自分を乗り越えることの大切さを描いた。

This is a film covering the process to and the actual swim meet of seven selected people with different backgrounds challenging and pushing to surpass their former best. The participants were, Hoshi Natsumi, a Bronze medalist swimmer at the Olympic Games Rio 2016 who retired after the Olympics, an elementary school girl about to give up swimming feeling discouraged for not being able to improve her record, a 70 years old man still in challenge to stretch his record and handicap carriers trying to enter their new heights. In order to beat their respective best time, training was conducted for a month prior to the meet. For this occasion, a special rule was designed and applied. The participant with the slowest record starts first and others follow in ascending order. If everyone achieves their personal best they will all touch the goal at the same moment.

CATEGORY
MOVIE

MOVIE

IMAGE

プールの飛び込み台に立つ選手
競技用のプール
泳ぐシニア男性
プールに入る車椅子の男性
水泳の星奈津美選手
車椅子の少年
制服を着た高校生男子
7人の男女が円になって座る
自己ベストタイムのボードを持つ小学生の女の子
プールの中の女の子
プールの中の女の子と母親
プールで苦しそうな表情を浮かべるシニア男性
プールの中のシニア男性
自己ベストのボードを持つ車椅子の少年
水泳の指導をコーチに受ける少年
必死の表情で泳ぐ少年
自己ベストのボードを持つ車椅子の男性
泳ぐ男性
自己ベストのボードを持つ高校生男子
自己ベストのボードを持つ車椅子バスケットの選手
プールの中の女の子
プールの中で談笑する女の子とシニア男性
水中を泳ぐ女性
水着を着た7人の男女
飛び込み台の前に立つ7名の男女
飛び込み台の前に立つ7名の男女
プールサイドを通る車椅子の少年
飛び込み台に立つ女の子
自己ベストを目指して泳ぐ選手
プールの中の女性と男性と男の子
首からメダルを下げた7人の男女