本能に回帰する広告をプロデュースするクリエイティブ・エージェンシー。猿人(ENJIN Inc.)ウェブサイトにようこそ。

Sep. 12. 2012

AR福引 / TREND MICRO

ARガラガラ_1

ARガラガラ_2

「ウイルスバスター クラウド」のリニューアル新発売のニュースを話題化するのがミッション。モチーフには、日本人の誰もがなじみ深い、新発売の定番店頭イベントツール「福引き(ガラガラ)」を採用。それを世界一(*1) のスケール感で、誰よりも盛大に行うことで、皆が語りたくなるようにネタを設計。抽選ツールにARを導入することで、FBやtwitterなどですぐにコメント投稿ができるよう設計を工夫しつつ、同時に福引会場にありがちな順番待ちのイライラも解消した。(企画:ENJIN×SIGNAL) *1 ENJIN 調べ
The mission was to build noise and topical value for the renewal launch of Virusbuster Cloud. Created a topical scheme that everyone would want to talk about by running a typical storefront event tool for a new product launch, “rolling lottery” which all Japanese are familiar with but running it with the scale that tops the world(*1). By building in the AR feature, users can instantly post comments on FB, twitter, and other SNS tools while resolving the typical frustration of waiting in a long line at a rolling lottery venue. (*research by ENJIN) Planning: ENJIN x SIGNAL