ABOUT

ABOUT

FUN WORK,
FUN COMPANY.

おもしろい仕事。
おもしろい会社。

「おもしろい仕事。おもしろい会社。」は、私たち株式会社ENJINの企業スローガンです。このスローガンに込めた想いは、人々から「おもしろい!」と言ってもらえるような、人々を幸せに出来るような、そんな仕事をしようという事。クライアントがHappyになれば私たちもHappyになれる。Happyがたくさん生まれると、会社がおもしろくなってくる。会社がおもしろくなってくると、さらにおもしろいアイデアが生まれてくる、という事です。

「モノ余りの日本、革新的な新商品もなかなか生まれない。そうした中で、いかにセールスを伸ばすのか?」これは全てのマーケターの課題ですが、私たちは右脳に磨きをかけるという作戦で、クライアントに貢献したいと考えています。「ヒトは理屈で考え、衝動に駆られて動く」、つまり左脳で考え右脳で動く、と言われています。しかしながらこれまでのマーケティングは、余りにもロジック重視、感性軽視ではなかったでしょうか。

ロジカルな思考の先にあるアイデアは、精緻であればあるほど皆同じになってしまう。差別化が出来ない。空力抵抗を最小化させた車のデザインをコンピューターにさせたら、どの車もみんな同じデザインになってしまう、という事のように。私たちは右脳を磨き、唯一無二、際立ったアイデアでソリューションをデザインしたいと考えます。論理的な思考の中に課題解決の胚芽を見出し、情緒的思考の中で優れた解決策にたどり着く。「右脳で考え、ヒトの右脳を刺激して、ヒトを動かしたい。」と考えています。 

新しいニーズを創造するという作業、新しいマーケットを創造するという作業は、とてもクリエイティブな作業です。過去のデータを集積・解析しロジックを組みあげるのは左脳の作業ですが、さらにその上に、未来の、新しい何かを作る、創造するという右脳の作業は、容易ではありません。「創造」という作業には、空想する力、つまりゼロから何かを生み出す「アートする力」が必要だからです。

猿人|ENJIN Inc.は、右脳に磨きをかけます。
「アートする力」で、常に「新しい何か」を創造し、お客様のマーケティングに貢献したいと考えています。

中澤 純一
代表取締役社長

Our slogan is “Fun work, fun company.”We want our work to intrigue, stir emotions, stop them in their tracks, or put a smile on their faces. We believe that if our client is happy, we can be happy and that makes ENJIN a more fun company, leading to more fun ideas.

“How do we drive sales in a material-excess society that is Japan where innovation in new products is hard to come by?” We propose a right-brain strategy to tackle this familiar marketer’s dilemma and assist our client’s business.“People think with logic but behave on impulse.” In other words, people think with their left brain but it’s the right brain that drives action.Despite the case, hasn’t the past marketing efforts skewed heavily on logic and light on senses and instincts?

The more precise the logic-based idea is, the more identical they become and fail the brand to differentiate.It’s like if you have computers design a car with minimum air resistance, they all end up looking the same…

At ENJIN, we are all about driving our right brain, to design a solution with a one-of-a-kind idea, the one that stands out and gets noticed.It’s about finding that seed of solution in a sea of logic then feeding and nurturing this in the emotional atmosphere.In other words, “Think with our right brain to stimulate people’s right brain to drive action.”

A brand new need or a brand new market is a product of a truly creative work.We know that compiling and analyzing past data is a left-brain work.But the more difficult part is to create something new for the future which is the work for the right brain.This work to create requires an “ability to art,” the ability to imagine, to take a leap, and to build something out of nothing.

At ENJIN, we work tirelessly to put our right brain to work.
With our “ability to art,” we will assist in our client’s marketing challenges to always create “something new.”

President & CEO Junichi Nakazawa

社訓

明るく、楽しく、前向きに。
一生懸命、誠実に。

事業目的

顧客のマーケティング活動をサポートし「顧客の繁盛」
さらには「社会の繁盛」をプロデュースする。

経営理念

アイデアの創造が我々のビジネス。
自由闊達な社風のなかで
「おもしろい仕事。おもしろい会社。」を実践し
社会の繁盛に貢献する。

Our Motto
Have spirit. Have fun. Be positive.
Give it everything you’ve got and be sincere in doing it.
Our Aim
To support the marketing efforts of our clients
and help them generate“ good business”,
so that it will then in turn lead to“ good business” for society.
Our Philosophy
We’re in the business of creating ideas.With our culture of
spirited freedom,“ fun work, fun company” is not just an
idea for us it’s actual practice.And it’s how we contribute to
bringing“ good business” to society.

「繁盛」

語意
にぎわい、栄える事。または、その様子。
意図
担当したキャンペーン、プロジェクト、マーケティング活動が成功し、クライアントのビジネスが向上する。

役員、全てのステークホルダーの“幸せ”を創出し、広く社会の“賑わい”に寄与する。同様に、我々の繁栄に通じる。

“Good Business”
What we mean
To make thrive or prosper.
What we intend
ealizing a successful campaign, project, or marketing effort means to improve our client’s business.

Realizing a successful campaign, project, or marketing effort means to improve our client’s business.And achieving success for our clients means to create “ happiness” for all of their stakeholders,including frontline employees and all the way to board members.This in turn contributes broadly to society and helps it thrive. It also leads to our own prosperity.

「2001年宇宙の旅」ご存知キューブリックの名作。その冒頭に現れるのは、道具を使う猿人。
初めて道具を使うことを覚えた人類の姿だった。450万年の時が流れ、キューブリックの予言どおり、道具であるはずのコンピューター/デジタルそして データに振り回される哀れな人類の姿がここにある。人間がそもそも持っていた“野性”は何処に行ってしまったのか? 感性は?イマジネーションは? 本能は? 我々は道具を初めて 使いこなした人類、「猿人」へ原点回帰する。

我々は道具に振り回されない。我々が、道具を使いこなすのだ。マーケテイングは、いったい何時からデータ偏重の時代に陥ってしまったのだろうか。何時から、机上の理屈遊びに陥ってしまった のだろうか?人は理屈だけでは動かない。人を突き動かすもの、それは高ぶる感情。そして、感情は感性に導かれる。 イニシアティブを取り戻すのである。過去、現在の貧欲な洞察のその上に、類まれな感性で、想像力で、アイデアで、未 来を創造するのだ。「猿人」が未来をプロデュースするのだ。我々は閉塞感漂う広告業界に革命を起こしたい。21世紀の “ルネッサンス"だ。感性への回帰、人間復興の嵐を巻き起こす。

2001: A Space Odyssey, the classic film by Stanley Kubrick. In the beginning, pithecanthropus (an ape-man) or “enjin” in Japanese makes an entrance. This was mankind that just discovered tools. 4.5 million years have passed since, and what the legendary filmmaker projected became a reality. Today, Sadly, the tools meant to serve us, particularly computers/digital devices and data, have taken over our lives. We must ask ourselves. Where have our primal strength gone? Our sensibilities? Imagination? Instincts? Our mission is to return to where it all started, the time when humans used tools to serve our needs. We will not be ruled by tools. We will use them to our needs. At what point did marketing become a data-led practice? When did we start to let conceptual discussions and theories rule the game? Humans can't be moved with mere logic. What drives them are emotions and excitement. And emotions are guided by sensibilities. It is time we take back the initiative. Based on the penetrating insight of past and present. We create the future with extraordinary sensibility, imagination, and idea. This is the future produced by ENJIN. We are here to bring revolution to the stagnant World of advertising. This is. the renaissance in the 21st Century. We are the storm that awakens the sensibilities, the fundamental state of being. Producers of the future. 

Our Way of Thinking

ART(0→1): 0→1を想像する力。InstinctとInsight、プラスARTする力で、Client businessにSolutionを提供します。

誰もノーと言わない妥協策より現状を打破する大胆なアイデアを!

Instinct

人は、本能に忠実に動く動物である。
当たり前すぎて忘れがちなこのことを、我々は大切にする。
猿人のアイデアの核は、人間の本能に通ずる。
行き過ぎたデータドリブンは、時に人を人として見ることを忘れさせ、ロジックとしては正しいが、効かないコミュニケーションを創りだしてしまう。

Insight

人は本当は何を考え、欲しているのだろうか?
人は、いつも本当のことを言葉にしているわけではなく、
その日その時の環境によって言葉を使い分ける能力も持っている。そんな中から、本当の欲求を見つけるには、多くの情報を必要とする。
時代、歴史、生まれ育ち、トレンド、文化などなど。
多種多様なデータは、数字至上主義的あそびを行はない限りに於いて、真のInsight発見の手助けをしてくれる。

Client business

我々のビジネスは、広告を作ることではない。
数多くあるコミュニケーション手法を適切にデザインし、
クライアントの抱える課題を解決し、クライアントのビジネスに貢献すること。
それが我々の仕事であり使命である。

ART(0→1): The ability to make 1 from 0. We offer the solution to help the client's business with instinct, insight, and our "ability to art."

We create bold idea that can break through, not idea of compromises that no one says no to!

Instinct

Human behavior is driven by instinct.An obvious fact which tends to be ignored is what we prioritize.
The core of our idea rings true to human instincts.
An excessively data-driven approach may be correct logically
but carries a risk of pushing us away from this human truth, leading to a communication program that makes no impact.

Insight

What do people really want? What are they really thinking?
People don’t always speak the truth. They can and will change their opinion depending on the situation.
To uncover their real desire, we look to variety of information, from the times, the history, their upbringing, the trend, the culture, etc.The myriad of data will help to uncover the true insight as long as we know not to let the numbers take over.

Client business

We are not in the business of making advertising.
Our task and mission is to contribute to our client’s business by finding a solution to their challenges through the effective designing of the optimal communication program.

社名
株式会社ENJIN(英文社名ENJIN Inc.)
設立
2012年3月21日
資本金
6千70万円
所在地
〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー
代表者
代表取締役社長&CEO 中澤 純一
役員
  • 代表取締役社長CEO 中澤 純一
  • 執行役員 手島 誠一
  • 執行役員 菊地 茂
  • 執行役員 西川 聖一
  • 執行役員 富沢 功
  • アドバイザリーボードメンバー 竹鶴 孝太郎
  • アドバイザリーボードメンバー 笹川 治信
従業員数
45名(2017年9月現在)
事業内容
コミュニケーション・デザイン、ブランドコンサルティング、
商品企画、広告、イベント、プロモーション、PRなど。

詳細はこちら

クレド
こちらから
主な取引先
(株)オリエンタルランド、日本政府観光局、キリンビール(株)、全日本空輸(株)、(株)ニチレイ、クロックス・ジャパン、野村證券(株)、(株)ロッテ、IHG・ANA・ホテルズグループジャパン 他(敬称略)
取引銀行
みずほ銀行 虎ノ門支店 横浜銀行
主な受賞歴
こちらから
Company Name
ENJIN Inc.
Established
March 21, 2012
Capital
JPY 60,700,000
Address
Carrot Tower, 4-1-1 Taishido, Setagaya-ku, Tokyo 154-0004
Executive
Junichi Nakazawa, Representative Director, President & CEO
Board members
  • President & CEO / Junichi Nakazawa
  • Executive officer / Seiichi Tejima
  • Executive officer / Shigeru Kikuchi
  • Executive officer / Seiichi Nishikawa
  • Executive officer / Isao Tomizawa
  • Advisory board member / Kotaro Taketsuru
  • Advisory board member / Harunobu Sasakawa
Number of employees
45(September 2017)
Business
Communication Designing, Brand Consulting, Product Planning, Advertisement, Events, Promotion, PR, etc.

More details

Credo
Here
Clients
Oriental Land Co., Ltd. Japan National Tourism Organization(JNTO). Kirin Brewery Company, Limited. All Nippon Airways Co.,ltd. Nichirei Corporation. Crocs Japan GK. Nomura Securities Co.,Ltd. Lotte Co., Ltd. IHG ANA Hotels Group Japan.
Bank
Mizuho Bank, Ltd. Toranomon Branch The Bank of Yokohama, Ltd.
Award List
Here